東 學
Azuma Gaku

絵師/アートディレクター
Bokuga painter/Art director

mail gaku@188.jp / Facebook gaku.azuma / Instagram @gakuazuma

1963年12月9日、京都に生まれる。日本の演劇・舞台シーンにて数多なるポスターデザインを手がける異端的アートディレクター。雪駄に作務衣姿で大阪ミナミに棲息。幼少時より扇絵師の父・東 笙蒼のもと絵筆に親しむ。14才で米国留学。当時の作品『フランス人形』はN.Y.メトロポリタン美術館に永久保存されている。絵のテーマは一貫して「女」。純日本的な血から生み出される「墨画(bokuga)」には、アートディレクターとしてのアバンギャルドな感性と、日本古来の美意識が凝縮。2003年N.Y.のレストランの装飾画として遊女を描いたのを皮切りに多くのファンが生まれ、2007年に墨画集『天妖』(PARCO出版)を刊行。2011年の震災後、東北の幼稚園児たちに室内遊びを届けるプロジェクト『おやつ大作戦』に参加、絵の先生として子どもたちと共に巨大なキャンパスに希望の絵を描く。(Long/約380字)

1963年12月9日、京都に生まれる。日本の舞台・演劇シーンで数多なるポスターデザインを産みだす異端的アートディレクター。また、墨を糸のように操り、森羅万象における命の美を描く絵師。2003年N.Y.のレストランの装飾画として描いた遊女シリーズを皮切りに多くのファンが生まれ、2007年墨画集『天妖』を出版。2014年、歌舞伎役者・片岡愛之助とコラボした墨絵のライブパフォーマンスが圧巻。(Short/約200字)

著書:
東 學 墨画集『天妖』(PARCO出版)
東 學 墨画集『天妖』(188)
『パロマンポルノ ポスターコレクション』(188)

墨画パフォーマンス実績:
『大丸百貨店300年記念式典』「孔雀」祝賀会ライブペイント(京都)/2016
『萬福寺音舞台』「蓮園」ボディペイント&ウェルカムパフォーマンス(京都)/2016
『大覚寺イベント』「鳳凰」(京都・大覚寺)/2015
『片岡愛之助特別公演~三番叟~』歌舞伎壁画ライブペイント/2014
『龍・虎/歌舞伎町弁財天』(新宿・歌舞伎町)/2014、2015
『大野神社 落慶記念パフォーマンス』(滋賀・大野神社)/2017

宣伝美術作品実績:
『シダの群れ3~港の女歌手編』(主演=小泉今日子、阿部サダオ)/2013
『スーパー歌舞伎Ⅱ~空ヲ刻ム者』(主演=市川猿之助、佐々木蔵之介)/2014
『つるべ寄席』/2012、2013、2014
『ダブリンの鐘つきカビ人間』(パルコ&キューブ)/2002、2015
『七人ぐらいの兵士』(主演=明石家さんま)/2000、2001、2015
『趣味の部屋』(パルコ劇場公演、主演=中井貴一)/2015
大人の新感線『ラストフラワーズ』/2014
『コルトガバメンツ』(パルコ劇場公演、主演=藤ヶ谷太輔)/2014
維新派『トワイライト』/2015
維新派『アマハラ』/2016
『スーパー歌舞伎II~ワンピース』(主演=市川猿之助)/2015-2016
『TAKE FIVE』『TAKE FIVE2』(主演=藤ヶ谷太輔)/2015、2016
SHINKANSEN☆RX『Vamp Bamboo Burn』(主演=生田斗真)/2017
『魔都夜曲』(主演=藤木直人) /2017
『人間風車』(主演=加藤諒、ミムラ、成河)/2017


Gaku Azuma

“UKIYOE”Painter/Art director of the 188 Corporation, Osaka

Gaku Azuma was born in 1963 in Kyoto, Japan to the ougi-e (Japanese traditional painting on paper fans) artist, Shoso Azuma. His artistic talents developed from a young age spending time with his father in one of Japan’s most cultural city, Kyoto. He later moved to the United States from the age of 14 for educational purpose and ended up staying there for three years. During that period, he painted a piece called “The French Doll” which is now permanently housed in the Metropolitan Museum of Art in New York.

Despite of his successful carrier as an art director for the theatrical advertisement industry, he has been actively exhibiting his own art works, Bokuga, internationally and received the Osaka Mayor’s Award in 2007 with “The Bride of Frankenstein”. In the same year, his paintings, “The Long Neck,” and “Hundred Eyes,” were featured in the magazine, “Kokoku Hihyo,” and his first book of paintings, “Tenyo” was published by Parco Publishers.

Bokuga is a painting style he originated which has similarities to Suibokuga. The technique used for Bokuga requires the painter to make a beautiful gradation of the sumi-ink by applying numerous sensitive brush strokes, instead of just blurring the ink, as in the Suibokuga style.

His main theme is women or feminine energy in which he succeeded in depicting by taking away their individual aspects. Their sensual faces without eyebrows do not reveal nationality or age. The only aspect by which a woman is distinctive is by the design of kimono she wears. In contrast to the uniformity of the women, each of their kimonos appears vivid, ferocious, and fearsome. By wearing the kimono, each woman comes into existence by possessing a unique personality.

最新の関連記事