お知らせ

Information


2013年2月19日

『高校生でも読める「共産党宣言」』が朝日新聞で紹介されました

asahi_body_l弊社 北口裕康の著書『高校生でも読める「共産党宣言」』が2013年2月16日の朝日新聞・夕刊(大阪版)で紹介されました。
取材は9月中旬に受けていたのですが、秋からの衆議院解散がらみの政局もあり、特定の政党に加担することのないようにとの配慮から掲載が見合わされていたそうです。
大人の事情はさておき、海外に行ってはじめて日本の良さと悪さが判ったという声はよくききますが、同じように、比較するものがあってはじめて、いろいろなことに気づき考えさせられるものです。今の日本の世の中の仕組みと違う仕組みがあることを知ることで、得られるものは少なくないと思います。
書店で見かけられた方は、ぜひお手にとって、ご一読ください。
詳しくはこちら

2013年2月14日

中国展マチオモイ☆ナイト、開催!

machi_night

マチオモイ帖・中国展では、
3/1 マチオモイ☆ナイトを開催!

 

タイトル=中国展マチオモイ☆ナイト
日時=2013年3月1日(金)18時~21時
参加費=300円(ワンドリンク付き)
場所=広島市中区広瀬北町3-11 和光広瀬ビル
ソアラビジネスポート4階ロビー
map
詳細はコチラ

 

『my home town わたしのマチオモイ帖』中国展をもっと盛り上げよう!
ということで、3月1日にイベントを開催します。
この日は仕事の話は置いておいて、あなたの想う「マチ」の話をしましょう。
みんなの持ち寄ってくれた名産品をいただいて、その「マチ」を感じましょう。
きっとそれぞれの「変わらない大事なこと」が見つかるはず。
そんなあたたかいイベントにしたいと思っています。
ぜひご参加ください!

■クロストークショー/18:30~19:30
テーマ『マチオモイはマチオコシの一歩手前!?』
・村上美香さん(マチオモイ帖展のはじまりである『しげい帖』の著者)
・三上清仁さん(尾道「なかた美術館」ディレクター)
・牛来千鶴(株式会社ソアラサービス代表取締役)

 

■出展者マチオモイひとことPR/19:45~20:45
出展されたクリエイターの方々に題材にしたマチへの想いを伺います。
☆受付でマチオモイシールを配ります。
そこに自分の想うマチを書いて胸に貼り、自由に交流してくださいね!
☆みなさんのマチの、名産品をご持参ください!
みんなでワイワイいただきましょう~♪
☆info@machiomoi-ch.com←コチラにお申し込みください。
※だいたいの人数把握のためのものです。
飛び入り大歓迎!好きな時間に、お気軽にご参加くださいね♪

2013年2月13日

東京FM『ゆうちょletter for links』
3月に村上美香、出演。

20130205-fm-2人と人の絆ストーリーを紹介していく東京FMのラジオ番組『ゆうちょletter for links』の収録に行ってきました。声をかけて下さったのは、マチオモイプロジェクトを応援してくださっている、ゆうちょ銀行のMさん。はじめてのラジオでドキドキでしたが、担当ディレクターの方もとてもあたたかい方で、リラックスしておしゃべりすることが出来ました。雑誌や新聞でのインタビューと違って、ラジオやテレビは「音声」なので、ちょっと勝手が違うのです。質問を投げかけてくださる方からの相槌「わ~」「ほんとに?」みたいなコトバを発してはいけないので慣れない私はドギマギ。「あれれ・・・話つづけていいのかな?」。もちろん、首を大きくふってうなずいて、「聞いてますよ、続けてくださいね」のサインは笑顔で出してくれるんです。帰り道、阿川サワコさんの本「聞く力」を買って、自分自身のことをいろいろ考え直しました。放送は、3月予定。また詳細がきまったら、UPします。

 

Cast=村上美香

「my home town わたしのマチオモイ帖」全国版フライヤー完成!

machiomoi_img_l_20130213

全国版フライヤー完成!
いよいよ2月22日から、マチオモイ帖プロジェクト第三弾となる全国13ヶ所での展覧会が始まります(会期は会場によって異なります)。お待たせしましたが、やっとフライヤーが完成。春っぽいでしょ? なぜ、春に?というのは、人の旅立ちの季節だから。私の場合は、ごく普通に大阪への進学で島を離れたのですが、母はいまでも「あんなに寂しかった日はない」と言い切ります。あの日から、船が行くたびに手をふり、船が帰るたびに手をふって迎え入れてくれました。「なにもない」と思っていた小さな町に、宝物がたくさんあることに気付き、また誇れるようになった昨今です。震災から2年、日本列島のあちこちにマチオモイの春が咲くことを楽しみにしています。