新着情報

News


2014年1月24日

いるかHotel 芝居『木曜組曲』

THU_fry_ol関西の小劇場のなかでも長い付き合いになってきた、いるかHotelさんの新作。
しっとりとした女性たちの共演で、タイトルとチラシのトーンだけでもそそられるものがあります。
今回の写真は、なんと弊社・吉田朋生によるもの。
とても緊張したようですがいい経験になってくれるといいです。
ちなみに私自身は、木曜日にあまり思い入れはありません。

 

(公式サイトより)
木曜日が好き。
週末の楽しみの予感を心の奥に秘めているから。
それまでに起きたことも、 これから起きることも、
全てを知っているような 気がするから・・・
木曜日が好き。

 

人気小説作家・恩田陸の傑作ミステリー
絶賛の声に待望の再演!

日時=4月11日(金)19:30
4月12日(土)14:00/18:00
4月13日(日)14:00
会場=神戸アートビレッジセンター
出演=岸原香恵、渡辺倫子、仲村綾美、生田朗子、山田メアリー美貴(ともにょ企画)、徳田尚美(劇団伽羅倶梨)
脚本=原作:恩田陸
演出=谷省吾
料金=2,500円 ~ 3,500円

 

Art Direction=Gaku Azuma
Photo = Hosei Yoshida

近鉄アート館 復活祭 一夜~三夜 

ARTKAN_fukkatsu_soto

ARTKAN_fukkatsu_naka

アート館の復活は関西の演劇好きにとっては、本当に嬉しいこと。

13年間眠っていたということは、うちの会社188が始まってからはずっと眠っていた事になる。

やっと目覚めてくれました。

その影にはいろんな人たちのチカラが働いているわけだけど、そのいろんな人たちのなかに知り合いがいっぱいいてて、みんなが復活を喜んでいるのが嬉しいなあ。

ってことで、復活祭のオープニングを飾る催しのチラシを制作させてもらいました。

●近鉄アート館 復活祭
<一夜>
あべの花形文楽
「二人三番叟」
「壺坂観音霊験記」~沢市内より山の段~
出演=豊竹呂大夫、鶴澤藤蔵、吉田幸助、吉田一輔 ほか
日程=2014年2月28日(金)

 

<二夜>
高泉淳子&ROLLY&中西 俊博
「ア・ラ・カルト」Special Live
出演=高泉淳子、ROLLY、中西 俊博 ほか
日程=2014年3月1日(土)

 

<三夜>
升毅とおかしな大阪人たち
~アート館があった頃、そして再びアート館~
出演=升毅、わかぎゑふ、川下大洋、コング桑田、G2、東野ひろあき ほか
日程=2014年3月2日(日)

 

 

主催・会場=近鉄アート館

 

 

Art Direction,Design=Yuta Kitamado

猿之助&蔵之助
スーパー歌舞伎『空ヲ刻ム者』

sora_fry_ol

最近、歌舞伎の世界にもなにかとご縁のある宣伝美術家・東學。
今回は小劇場からご縁のあった佐々木蔵之助さんも歌舞伎に
チャレンジするということでなんだか、
伝統的な世界と現代をつくっている俳優さんたちの夢のまにまにを
見ているような気持ちです。
詳細は、公式サイトをご覧下さいね。

 

(公式サイトより)
四代目市川猿之助によるスーパー歌舞伎IIがついに始動!
ここにあらたな伝説が生まれる――

 

2014年、四代目市川猿之助がかつてない演劇空間を目指し、
ついに始動! その名はスーパー歌舞伎II(セカンド)!!
三代目市川猿之助(現猿翁)によって創造されたスーパー歌舞伎。
そのスピリットを継承した四代目市川猿之助が、現代の演劇界を代表する才能たちとともにまったく新しい舞台空間を創造します。
共演はスーパー歌舞伎を彩った歌舞伎俳優とともに、佐々木蔵之介をはじめとする現代劇俳優たち。
そして作・演出は新進気鋭の劇作家・前川知大。
最高のキャスト、スタッフを得て、スーパー歌舞伎II はあらたなる旅立ちを迎えます!

日時=平成26年3月5日(水)~29日(土)
昼の部  午前11時~
夜の部  午後4時半~
※17日休演
※5日(水)のみ午後1時開演
松竹株式会社 公演情報

 

Art Direction=Gaku Azuma(188)
Photo=Tadayuki Minamoto

絵本『ガマ王子VSザリガニ魔人』、完成!!

Paco_cover

 

脚本家・後藤ひろひとさんの名作『パコと魔法の絵本』は有名ですよね?

その原作となった『ガマ王子VSザリガニ魔人』がなんと絵本になりましたよ~。

絵は、たなかしんさん。この絵がものすごくステキなのです。

舞台は2/7からスタートで東京、金沢、仙台、オオサカ、広島、名古屋、福岡、

南相馬・・・をかけめぐります。絵本は会場で販売される予定。

188では舞台『PACO』の宣伝美術と絵本のデザイン、パンフレットのデザイン

を担当させていただきました。

 

ガクさんによる制作秘話は、

「デザインするまえにゼン(元スタッフの息子・4歳)に読んでやっててんかあ。
そしたら、自分が自然に登場人物によって自分が声色をかえてることに気がついてん。

そっか~と思って、登場人物によって書体を変えるなど、

文字のデザインも工夫してみたんよ」とのこと。

Story=Hirohito Goto
Illastration=Shin Tanaka

 

Art direction=Gaku Azuma(188)