新着情報

News


2015年3月19日

中村中DVD『敵か!?みかたか!?』、3/25発売

ataru01ataru02

ガクさんと仲良しのシンガーソングライター中村中さんのLive2014DVD『敵か!?みかたか!?』のパッケージデザインが完成し、いよいよ発売となります。約7年ぶりのライブDVDらしく、気合もたっぷり。なんと、トップに収録されている『幾歳月』という曲の映像はガクさんがアートディレクションを手がけたもの。映像とはいえ、どこか「ガクさんらしい」と思えるテイストです。
 
(公式サイトより) 2014年12月28日、29日に赤坂ACTシアターで行われた壮絶な緊張感と白熱のパフォーマンス!! 最新アルバム『世界のみかた』の楽曲を中心に、デビュー曲「汚れた下着」、大ヒット曲「友達の詩」など、代表曲を含めた全19曲を完全収録!! 更にDisc2にはその過程に密着した貴重なドキュメンタリーを収録!!

Art Direction&Design=Gaku Azuma(188)

直也の会 合同企画
『愚か者梶鉄』、チラシ完成

kaji01kaji02

グループK 番外公演 直也の会 合同企画『愚か者梶鉄』
 
ガクさんとはもう長いおつきあいをさせていただいている石橋直也さん。真摯に、精力的に芝居を作られているなあ、といつもその活動の様子をみながら初心に帰る思いに。この6月の公演は、およそ30名ものキャストがほぼ全員ヤクザ役なのだとか。
 
■作・演出=石橋直也
■プロデューサー=香川耕二
■場所=笹塚ファクトリー
■日程=2015年6月2日(火)〜7日(日)
 
(公式サイトより)
日本が戦後の復興に追われる中、関東の一大組織山形組の先代組長が花菱組の鉄砲玉に殺された。山形組の二代目組長 梶鉄男(通称・梶鉄)は、先代の仇を討つために奔走するが、花菱組の後ろには関西和心会がついていた…。
関東と関西の血で血を洗う抗争に身を投じていく梶鉄男…そして、抗争に巻き込まれていく人々…日本は戦後最大の武力抗争の渦にあった。

Art Direction&Design=Gaku Azuma(188)

劇団Patch「SPECTER」、3/18から

SPE01SPE02

末満健一氏の作・演出による芝居の宣伝美術を、ガクさんが請け負うことになりました。久しぶりに関西でがっつり打ち合わせしたり、小道具つくったり、撮影したりできるお仕事とあって、ガクさんも楽しんでいる様子。188クリエイティブダイニングに、劇団の制作の方やら衣裳さんやら大勢が集まって打ち合わせが進み、こちらのようなビジュアルが出来上がっていました。ロゴ、すてき。
 
■作・演出=末満健一
■日程=2015年3月18日(水)〜22日(日)
■会場=ABCホール(大阪)
 
(公式サイトより)
「この村は死んでいるのと同じだ────」
外界との関わりを絶つ森奥深くのネブラ村で、猟奇的な連続殺人事件が起こる。
それは繭期[人間でいう思春期]を迎えた吸血種の少年少女たちを収容する施設
「クラン」から脱走した四人の吸血種たちの仕業であった。
著しい情緒不安定に陥る繭期の少年たちは、ある目的のために凶行を重ねていた。
ひとりの村人が掟を破り、 事件解決のために部外者であるヴァンパイアハンターを村に招き入れる。
だが調査が進むうち、村人たちが抱える秘密の蕾が緩やかに綻びを見せていく。
村人たちはなにを隠しているのか?
繭期の吸血種たちはなにを目論んでいるのか?
やがて、吸血種たちの間で語り継がれる伝説上の吸血種「TRUMP」の不老不死譚と
「永遠に枯れない花」をつくろうとする植物学者の悲恋が事件と繋がりを見せる時
その秘密は白日のもとへと曝されていくこととなる……。

Art Direction&Design=Gaku Azuma(188)

Photo=Takashi Horikawa(kutowans studio)

Styling=Noriaki Ueda(kasane)

Hair Making=KOMAKI(kasane)

2015年3月18日

戎橋筋商店街WiFi告知用バナー、掲載中

15031801

15031802

大阪ミナミの戎橋筋商店街に、ユニークなバナーがあるのをご存知でしょうか?「戎橋まであと○○歩」というふうに、歩数がだんだん減っていく仕掛けのもの。今回、商店街全体でWiFiが使えることを伝えるということで、バナーをリニューアルしました。海外のお客様がものすごく多い春、本当のおもてなしの心をもって、地元に恥じなきよう暮らしたいものです。

Design=Yuta Kitamado(188)

2015年3月5日

『徘徊〜ママリン87歳の夏〜』
(「凍蝶図鑑」の田中幸夫監督)

haikai01

haikai02

『徘徊〜ママリン87歳の夏〜』(「凍蝶図鑑」田中幸夫監督)
「親がちょっとヤバい、いや自分の脳に自信がない、または認知症って何なのぉ?って思っている方々にも老いる前に見て頂きたい映画です。」・・・とあります。ガクさんが隣でポスターをつくっているのも知らなかったのですが、出来上がってきたポスターをみて、見たくない気持ちと、見ておかなくては、という気持ち。そして、きっとこの先の自分に何かを教えてくれる映画に違いないっておもえるドキュメンタリー映画だと思っています。が、しかし、どこかが違う。よくある深刻なものではなくて、すごくアヴァンギャルドだと書いているのが気になるのです。なにか、すっごい明るさとあっけらかんとしたかんじを受けるのです。これは観にいってみます。「ポスター&チラシのデザインは東學氏。映画もアバンギャルドです。」って書いてあるし。
 
『徘徊〜ママリン87歳の夏〜』(「凍蝶図鑑」の田中幸夫監督)
【第七藝術劇場】
第一週:3月28日(土)~4月3日(金)14:40
★3/28(土)、3/29(日)田中幸夫監督・酒井母娘の舞台挨拶予定
第二週:4月4日(土)~4月10日(金)10:00
第三週:4月11日(土)~4月17日(金)16:30
 
【公式サイトはこちら】http://hai-kai.com/news.html

Art Direction & Design = Gaku Azuma(188)

劇団態変『試験管』、3/19より

taihen01

taihen02

劇団態変は、主宰の金滿里さんにより1983年に大阪を拠点に創設され、身体障害者にしか演じられない身体表現を追究するパフォーマンスグループです。ガクさんも私もまだ公演を拝見したことがないのですが、関西ではかなりの老舗劇団ですから有名ですし、あちこちでニアミスはしているものの、きちんとお仕事したのは今回がはじめてでした。『試験管』というタイトルの本公演は、「試験管の中で起こっていることを、身体で表現してみたいと思います。今にも強い反応を起こしそうなものが、この小宇宙の中に混ざり合って存在している。そ こに火花でも散ったら最後、何が起こるか。大爆発か。猛毒の煙か。生命を持つ物が出て来てしまうかもしれない。このような一触即発の状況を抽象的身体表現 で行ないます。」とのこと。今回が初の態変体験になるかも。
 
■日時=2015年3月19日(木) ~22日
■会場=ウイングフィールド
■作・演出 金満里
■出演=金滿里 小泉ゆうすけ 上月陽平 下村雅哉 向井望 国頭弘司

Art Direction & Design = Gaku Azuma(188)

青蓮院&将軍塚 春のライトアップ 3/6(金)~

shorenin_haru2015京都に青蓮院という美しい庭があるお寺があります。「そうだ 京都 いこう」のポスターにもなっているお寺で、「国宝青不動」さんがいるお寺。ご縁があってこちらのポスターやチラシをお手伝いをしています。京都から通勤している大槻が時々行きかえりに立ち寄り、お仕事を進めていくというスタイル。さて、春は東山が桜色に染まるシーズン。夜のライトアップがとりわけ美しいようです。ぜひ、お出かけ下さい。
 
■場所 = 青蓮院門跡
□日時 = 2015年3月6日(金) 〜 3月15日(日)、2015年3月27日(金) ~4月5日(日)、2015年4月25日(土) ~ 5月6日(水・祝)
18:00〜22:00(21:30受付終了)
 
■場所 = 将軍塚青龍殿(青蓮院門跡飛地境内)
□日時=2015年3月27日(金)〜4月12日(日)、4月25日(土)〜5月6日(水・祝)
17:00〜21:30(21:00受付終了)

Design=Hiromu Otuki(188)

2015年3月3日

神戸コレクション2015S/S、3/7(土)本番

kc15ss_vis1_ol

阪神淡路大震災から20年となる2015年。当時、生まれた赤ちゃんも20歳です。「神戸から元気を」という想いでスタートした神戸コレクションは、今回、「Light Up Town Garl(ライト アップ タウン ガール)」というテーマのもと、自分たちから神戸の街を照らしていこうというメッセージを届けます。ビジュアルは、爽やかであたたかい光をイメージさせるイエローのドット。衣裳も白のワントーンコーデでまとめました。これまでよりぐっとトーンを抑えて、甘すぎなくて大人かわいいシンプルなデザインが、「神戸らしい」と好評です。
 
■日時=2015年3月7日(土)
■場所=ワールド記念ホール

Creative Direction = Mika Murakami(188)

Art Direction & Design = Kanae Nakamura(188)

Photo = Tokuharu Yamada(500G.)

四獣×玉造小劇店配給芝居『EASY ORDER』、3/3~

EO01

EO02

近鉄アート館が復活してからまる1年。ここで小劇場の芝居が観られるようになったのはほんまうれしいことです。今回の『EASY ORDER』は、ガクさんにきくと「オッサンミュージカル」というのが売りらしい。
 
■日時=2015年3月3日(火)・4日(水)<全3ステージ>
■場所=近鉄アート館
(公式サイトより)
2020年の東京。日本中がオリンピックで浮かれる中、その工事の一部が残っている現場で突貫工事に駆り出されている動労者。国がひた隠しにし、マスコミの手も及んでいないエリア、通称Dゾーン。疲れきった作業員たちは、閉鎖された空間に耐えられずにいた。そこで政府が労働者たちのケアとして娯楽を提供することになるのだが、派遣された下請け会社のダメ社員の勘違い…年増のニューハーフに外国人労働者。そこに流れてくる奇妙なゲリラ放送が絡み誰も彼もが、歌い踊るハメに…?どうしようもない無責任な男が7人ここに偶然にも集結するが・・・。

Art Direction & Design = Gaku Azuma(188)