新着情報

News


2015年9月14日

竹中直人×生瀬勝久『ブロッケンの妖怪』

_Brocken_A4fry2ol

_Brocken_A4fry2ol

「やった!!!高橋恵子にあえる!!」、キャスティングをみた瞬間に隣で叫んでいた、高橋さん大ファンのガクさん。仕事柄めったにそういう発言はしないのだけど、昔、まじで憧れたりファンだったりした方に大人になって仕事で逢えるのはやっぱり嬉しかったりするわけで。さすがに昔みたいに汗だくになったりはしないけれど、楽しそうに撮影にいってはりました。佐々木希さんも出るしね。内容はホラーコメディ。倉持さんの脚本で、実力派の俳優さんばかりが出ているのでこれは必見。

日時=2015年10月30日(金)~11月1日(日)
会場=日比谷 シアタークリエ、北千住 シアター1010ほか
作・演出=倉持裕
出演=竹中直人、生瀬勝久、佐々木希、大貫勇輔、田口浩正、高橋恵子ほか

Art Direction&Design=Gaku Azuma(188)

『ダブリンの鐘つきカビ人間』、ポスター完成!

dublin_flyomotedublin_flyura

PARCO & CUBE present
『ダブリンの鐘つきカビ人間』、ポスター完成!
 
劇作家・後藤ひろひとさんと演出のG2さんの作品は、ちょっと奇怪なファンタジー作品で大好き。今回のビジュアルデザインもガクさんのもと、188が全員体制であれこれアイデアを出し合っていくなかで、「赤い糸に操られた、あやつり人形」をイメージしたアイデアに決定。そこからの撮影~デザインとなりました。主演の佐藤隆太がどうカビ人間を見せてくれるか、すごく楽しみですが、ガクさんは、娘か孫のように可愛がっている東京パフォーマンスドールの上西星来さんの大抜擢に喜びながらも心配でしょうがない様子・・・
 
日時=2015年10月3日 (土) ~2015年10月25日 (日)
場所=パルコ劇場
作=後藤ひろひと
演出=G2
出演=佐藤隆太、上西星来(東京パフォーマンスドール)、白洲迅、大塚千弘、小西遼生、中村昌也、木戸邑弥、明樂哲典、マギー、後藤ひろひと、吉野圭吾、篠井英介、村井國夫
 
(↓公式サイトより)
 
不思議な病に襲われた中世の町に繰り広げられる不思議な愛の物語
笑いと感動のパラレルワールドが蘇る!
ケルト民話を思わせるファンタジックな世界、童話の持つ魅惑的な物語性、残酷さ、そして現代的な笑いの要素と、時代を超えて人の胸を打つ感動的なクライマックスを詰め込んだエンターテインメントの決定版、それが『 ダブリンの鐘つきカビ人間 』です。

パルコ劇場で、2000年『 人間風車 』、2002年『 ダブリンの鐘つきカビ人間 』、2003年『 人間風車 』、2004年『 MIDSUMMER CAROL~ガマ王子とザリガニ魔人~ 』、そしてル テアトル銀座2005年『 ダブリンの鐘つきカビ人間 』再演と、次々と傑作を生み出してきた後藤ひろひと作 G2演出の作品群。
ユーモアと残酷性が醸し出すダークファンタジーとしての物語の魅力と豪華でかつ個性溢れる役者陣で魅せる舞台は、不思議な世界観と笑いと感動と恐怖が混在しています。

その傑作作品群の中でも、笑いと恐怖の感動とで観客の心をめまぐるしく揺さぶった作品であることと、雄大で不可思議で魅力的なファンタジックワールドが広がっていること、どちらもが見事に成立しているのが、この『 ダブリンの鐘つきカビ人間 』です。

この笑いと感動がたくさん詰まった宝箱のようなこの作品に、演出家G2がまた一味付け加えて、さらに進化した『 ダブリンの鐘つきカビ人間 』をお届けします。
どうぞご期待ください。

Art Direction&Design=Gaku Azuma

Design assist=Yuta Kitamado(188)

維新派 新作野外公演『トワイライト』9/19(土)~

TWILIGHT_flyer_01

TWILIGHT_flyer_02

奈良の曽爾高原はススキ野原で有名な場所。15年ほど前に、このすぐ近くの室生村近辺で野外公演をしたことから、室生に縁が出来ました。今回の撮影も、奈良の美しい自然や町並みを活かしたものでありながら、シュールな違和感が繰り広げられています。同時期に、室生村のギャラリー夢雲にて、東と村上の二人展「朱夏」を開催。秋のシルバーウィークに維新派のパフォーマンスと夢雲での展覧会を楽しめます。
 
日時=9月19日(土)〜27日(日) 夕刻6時 開演 (開場5時)
場所=奈良・曽爾村健民運動場

Art Direction&Design=Gaku Azuma(188)

2015年9月2日

泉湧寺音舞台 9/12 本番!

otobutai2015

東洋と西洋の出会いをテーマにした、音舞台シリーズ。今年は、京都のひっそりとした森の中に現れる幻想的なお寺〝泉湧寺〟にて開催されます。毎回、188のデザイナーたちでロケハンにいって、写真も自分たちで撮影してきて、ビジュアルラフを作っていくのですが、今回も試行錯誤しながら力作が勢ぞろい。最終的には、うっとりするぐらい美しい写真の加工を得意とする北窓優太のアイデアに決定しました。本番は、9月12日!!西本智美さんの指揮姿も楽しみです。

 

~第28 回 泉涌寺音舞台~
日時=2015 年 9月 12日(土)6時30分
場所=京都 泉涌寺境内特設ステージ
主催=京都仏教会、御寺 泉涌寺、MBS
後援=京都市、京都新聞
出演=サラ・オレイン、石丸幹二、井上八千代、佐久間良子 ※出演順(予定)
西本智実、イルミナートフィルハーモニーオーケストラ・イルミナートバレエ・イルミナート合唱団
※出演者は予告なしに変更となる場合がございます。

Art Direction&Design=Yuta Kitamado(188)

Photo=Yuta Kitamado、Hiromu Otsuki(188)

神戸コレクション2015 AUTUMIN/WINTER 9/5 本番!

kc15aw_pos_ol

「神戸にはファッションDNAがある」――今回から、シーズンごとのテーマでポスターを制作するやり方ではなく、神戸コレクションそのもののアイデンティティにスポットをあてたキャッチコピーでイメージを統一しようということに。神戸開港の時代から、いちはやく異国のすてきなファッションや雑貨を目にしてきた神戸の女性たちのDNAは、時代が変わっても母から娘に受け継がれていました。それは、他の都市ではちょっと見られない神戸ならではのもの。ビジュアルは、六角形の化学式をモチーフにして、ショーの写真をコラージュ。またひとつ、新しい神戸コレクションが幕を開けます。
 
日時=2015年9月5日(土)
場所=ワールド記念ホール

Creative Direction=Mika Murakami

Art Direction&Design=Kanae Nakamura、Yuta Kitamado(188)

Design=Kanae Nakamura(188)

Copy=Mika Murakami(188)