東學女体描写展 戯ノ夢genomu 其之參(大阪・中崎町)


gaku_DM

日時=2016年5月11日(水)~5月16日(月)
   12:00~20:00(最終日18:00まで)
   5月11日[水] トークショー(18:30〜)◎司会:三村康仁 ◎出演:東學+モデルたち
場所=イロリムラ([89]画廊 展示室3) http://irori2005.com/
   大阪市北区中崎1丁目4番15号 TEL:06-6376-0593
 
★中崎町駅1番出口より、徒歩2分程度(地下鉄谷町線中崎町駅1番出口を出て、北野病院方向(南方向)へ。JR環状線の高架手前、セブンイレブンの角を高架に沿って右に入りすぐ。JR環状線高架下が入り口)
★JR環状線の高架番号89番。高架の線路の部分に番号あり。
 
細い筆先の墨を女たちの柔肌に滑らせる。描かれるのは被描体の内面をあぶりだしたかのような毒の花やら、獣やら。それは一夜限りの芸術。墨を糸のように操り、森羅万象における命の美を描く天才絵師の、飽くなきエロスの軌跡。
 
作者より
「絵師のくせにカメラに手を出してしまいました。使い方、だいぶわかってきました。電球も100Wから500W×2個に!! 被写界深度わからん! でも、わりとピント合ってきました。絵を撮るのか?! モデルさん達の表情を撮るのか?! まぁ、戯れの夢物語をご高覧くだされば幸いです。」
 
(参考/木俣冬氏のレビュー)
http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20160129/E1454026609438.html

IMG_2943

東學  Gaku Azuma

雪駄に作務衣姿で大阪ミナミに棲息。実態は、日本の演劇シーンで数多なるポスターデザインを手がける異端的アートディレクター。また、墨を糸のように操 り、森羅万象における命の美を描く絵師。著書に墨画集『天妖』(PARCO出版)。 2014年2月、片岡愛之助とコラボした墨絵のライブペインティングが圧巻。2015年より生身の女体に、花や鳥、獣や化物などを描き、写真に残す女体描写シリーズを制作。