和泉市パブリック・クリエイション
『ART GUSH』(アート・ガッシュ)

(企画制作・運営/グランドデザイン/WEBデザイン/イベント等)

ならそら×和泉市×188がタグを組む、
初の大型プロジェクト『ART GUSH』。

“GUSH”とは、「湧き出る」「あふれだす」という意味の英語。和泉市久保惣記念美術館がたいせつにしてきた約11,000点の収蔵品、それぞれに込められた「美の物語」をもっと和泉のまちに伝えたい。そんな想いのもと、約30点の美術品が現代クリエイターによってリライト(再描画)され、まちに「あふれだし」ます。
描くのは、広告業界やアートシーンなどの第一線で活躍するプロを始め、障がいをもつアーティスト、イラストレーションを学ぶ大阪芸術大学の学生、和泉市出身・在住のデザイナーやイラストレーターを含む、関西所縁の多彩な顔ぶれのクリエイター30組。
北斎や写楽、モネやゴッホなど古今東西の芸術家たちのメッセージが、「今」を生きる現代クリエイターに受け継がれ、和泉のまちの公園や建物、大学などの壁画となって立ち現れます。世界でも類を見ない、美術館×まちの景観×現代クリエイター、三つ巴のコラボレーションによって、あたらしい風景を創り上げる和泉のまち。和泉中央駅から美術館まで約2kmの道に広がる、約30点のパブリック・クリエイションをお楽しみください。
(公式サイトより)

2019年3月21日 完了
大阪府和泉市 和泉・久保惣ミュージアムタウン構想
公式サイト http://188.jp/artgush-izumicity/top.php

Produce =Atsushi Yamamoto(narasora)、Mika Murakami(188)
Art Direction&Design=Yuta kitamado(188)
Design=kanae nakamura(188)
Web Design=Hiromu Otsuki(188)

Photo=Masahiro Kuroiwa(96studio)
Construct=Japan Big Art

RELATION