「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

手当て。

「このごろの医者ちゅーもんは、
患者の目をみずに、
パソコンの画面みとんねんなあ・・・」

と、がっかりしてしもて、

症状的にはちゃうやろとおもったけど、整体のおーなる先生のところに
けっきょくいってしもた。

手をあてて、からだの悲鳴をきく。骨のいいぶんもきいてやる。
そしてこころのいいわけもきいて、
ほんで、ゆるしてやったり、うなずいてやること。

そーゆー時間を
手当て、というのではなかったか。

20081115-onaru.jpg
ちなみに、まめの本は立派に

待合室のところで、

この街のおばあさんや、中学生たちの

心を手当てしていた。

2008年11月16日 01:08  |  
« 富士。 | トップページに戻る | 名前はまだない2 »
コメント (1)

『手と目でみる』のが看護の看らしいです。
今はたまたまいい医師に出会えてますが…。

コメントを投稿


コメント


« 富士。 | トップページに戻る | 名前はまだない2 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー