「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

ゆっくり自分に向き合う時間をたくさんたくさん
つくってやろうとおもっているのに
なかなか、眠気やら疲れやらが襲ってきて、ひたすら言葉を
綴るきもちになれていないのにもう今日がラストウイーン。

まめが、高津さんで臭いものに背中をくっつけて
洗ってやらなくてはならなくなって
まんちゃんがお風呂にいれてやったという話をきいて
あらあら まめちゃん大丈夫かしらん
みつちゃんは黙ってシャワー浴びれるからいいけど
まめちゃんは暴れるからシャワーたいへんなのよね
と思ったり。でも、ウイーンのまちでそういうことを想像するのは
とてつもなくかわいいいとおしさがあっていい。
そういうとき、まったくもって私の存在など忘れているくせに
もどったらずっと待ってた待ってた待ってた~ってふりして
チュー攻めしてくんだろうなやつら、って思う。
案外、人は、忘れる。こっちだって忘れる。かたときも忘れないなんて
ことはあまりない。目の前のことに夢中だ。
そのなかでも思い出す人がやっぱり幾人かはいて、
そういう人たちとの想いに囲まれて、自分は活かされてるんだろうなと
思います。LINEで連絡をとりあえば時差なんてものも
何も感じず、すぐそこに誰だっている日常。
そのなかで、縁のあるひと。縁をつないでいきたいと思える人。
ずっと支えてくれている人。連絡なんてとりあわなくても、つながってるなあと
思える人。ねえねえきいて~って思う人。
場所も距離も時間も、ひとっとびだ。心のなかは自由だ。
それぞれの朝をつないで。
いってきまあす。

2018年4月24日 05:03   |  コメント ( 0 )

レトロすぎます遊園地

20180423-pratu2.jpg
かなえどんがどうしても
いきたかった場所、プラーツというレトロな
遊園地にいってみました。
いくつかのジェットコースターを待ち時間まじでゼロで
てか、私たちがきたから動かす、というノリで
のりましたが、「痛い!!」
なにがいたいって・・・振り回され過ぎて、
ふりおとされはしなくとも、ストッパーで耳を打ったり、
座席の両サイドにがんがん身体ぶつかったりして
痛い!!!
20180423-prtsu.jpg
恐いより、痛い!!!日本でこんな経験したことがない。

でもねえ、なにかとゆるくて、古臭くて、
こういうのんいいなあと思う。
あかぬけんといてほしいなあ、と思うのです。

2018年4月24日 04:55   |  コメント ( 0 )

ふんべるとばっふぁあ

20180423-kana1.jpg
ふんべるとばっふぁあの
美術館がすごくよかった。
次もまたきたいぞ、と思える居心地のよさ。
20180423-shuni.jpg
おなかすいてきたので
ついにシュニッツウェルをいただきます。
慣れてきました。
20180423-kana2.jpg
中庭のかんじがまたよい。
自然にこんなくうかんをつくりたいなあとかばかり
考えている。

2018年4月24日 04:45   |  コメント ( 0 )

マダムたちがいいなあ

2180422-yohana3.jpg
アフターパーティにそのまま
残って、奥のほうで飲んでいた合唱団の
のりのよさそーな
マダムたちになんとなく混じってみた。
20180422-yohana4.jpg
クラシックとは打って変わって
マイケルジャクソンとか、いろんな世代の
ヒットソングがBGMでかかっているのだけど
それ聴きながらノリノリでうたってらっしゃいます。
ウィーンはマダムたちがいいなあ。
カッコいい。ノリがいい。
20180422-yohana2.jpg
こちらのマダムは
もとバレエダンサーなんだとさ。

2018年4月24日 04:27   |  コメント ( 0 )

アフターパーティ

20180422-yohana.jpg
暗くて撮影しにくかったのですが
思い出の1枚。
ヨハナさん。
隣でめちゃくちゃはっちゃけて踊ってはったマダム。
目があって、自然にいっしょに身体くっつけたり
して踊ったりしてはっちゃけさえてくれて
あなたおもしろいね~っていうから
いやあなたがおもしろいんだって!てな会話をして
つかのまの意気投合。
ああ、音楽づけの1年でよかった。
コトバがいらなくても、音楽にのれば友だちになれる。
それってすごいな。

2018年4月24日 04:22   |  コメント ( 0 )

これまた20年。

20180422-kato1.jpg
とっても美人のかとーさん。
MBS事業局の才女で、ほぼ、同時期に
第九の仕事を担当するようになって
そっから長い長いおつきあいです。途中で、
彼女は産休したりとあったけど
ウィーンで「あ、私たちももう20年なんだね」
みたいな話をして。
こんな時間がくるってなんか、いいね。
いつもやさしくしてくれてありがと!!

2018年4月24日 04:07   |  コメント ( 0 )

第九、本番

20180422-mae1.jpg
私たちにとっては
2回目のウィーンの第九。しかし、
今回は、楽友協会、あの黄金のホールでの演奏会で
しかも、日本から35名もの
合唱団がここに参加するという夢企画を
ちょこっとレポートしに
いきました。レポートというか、目で見ておく、
肌で感じておく、その場にいることが
とても貴重で、いれるときにはいておこうという。
2回目ともなると、
ちょっとだけですが勝手がわかるのです。
楽屋口の入り方とか、なにがどのへんにあるのかとか
写真禁止なのにウィーンの人は
携帯でがんがん撮るで、とか。でも、日本人はちゃんと守ろうとするよ、とか。
そういうとこアバウトでええなあと思う一方、
私はやっぱり、やめとこ、って思うの。
だってそういう仕事なのだからね。
日本なら、楽屋口も「パスは?会社名は?申請は?」と厳しく聞かれるところですが
ここはゆるめ。え、ゆるくない?と思ったことを佐渡さんにつたえたら
「ああ、そうかなあ、そうやなあ。
芸術のまちで人を信じられへんかったら、かなしーやろ?」と
おっしゃってて。すごくそれを覚えています。

2018年4月24日 03:55   |  コメント ( 0 )

20年て。NO2

20180421-sado2.jpg
で。
なんで20年というタイトルかというと
乾杯しているなかで
佐渡さんが
「美香ちゃんとのつきあいも、
もう20年になるもんなあ」
20180421-sado3.jpg
と、おっしゃってくださったこと。
佐渡さんが第九の指揮をするようになって
今年で、20年。
はじめてのとき、ボレロで全身が震えた。
このひとの仕事をぜんぶやりたいって
思った。
20180421-sado4.jpg
どっか根っこのところの
じんわりしたあたたかさを信じられる人。
いつあっても、
お父ちゃんげんきか?おかあちゃんはどうや?と
気遣いをしてくださる。
20年という時間。
目の前でとてつもなく進化するのに、根っこがひとつもかわらない。
カッコいいなあ。スーパースターだな、やっぱり。
私にとっての。

2018年4月22日 16:46   |  コメント ( 0 )

20年て。

20180421-sado1.jpg
最近つくづく思うのは、
縁のあるひとはどうめぐってもまた出会うんやなあ
ってこと。ウイーンでは前回もお世話になった佐渡さんだけど、
今回は別のクルーもいるし、迷惑かけんとこーーーって思って
てきとーに楽しんでいたのですが、
なんと、夕方に立ち寄ったハイリゲンシュタットのマイヤーズ
(ベートーベンが第九を作曲したといわれる場所)の
ホイリゲに入ったら、前から佐渡が歩いてくる偶然・・・・
「おおおお、合流しよか!」
と、佐渡さんのお友だちにまぜていただき、
ワインを囲むことに。
ありがたいなあ。こういうひとにいつになったら
なれるだろう。背中がみえる位置で追いかけていたいと思うけど、
自分の場所でしっかりと立っていなきゃなとかおもう。

2018年4月22日 16:32   |  コメント ( 0 )

楽友協会

20180420-gakuyu2.jpg
旅の目的は
このウィーン楽友協会で行われる
第九コンサート。
サントリー1万人の第九から、35名の参加者が
ここで歌います。
20180420-gakuyu1.jpg
テンションあがりまくっている
参加者たちを取材しながら、
黄金のホールのなかにでいろいろ思うのです。

2018年4月22日 16:25   |  コメント ( 0 )
     

月間アーカイブ

最近のエントリー