「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

メメント・モリ

メメント・モリが改変されて、出版された。
25年間読み告がれてきた本の、21世紀エディションだという。
賛否両論、あることぐらい承知のうえでの、改変なのだろう。
机のうえに銀色の表紙。前が金色で、こんどは銀色。文字も銀色。
光って読みにくい。神様のことばだからかな。

25年間、色あせない言葉と、
25年経って、どうしてもいま伝えなければならない言葉の両方が
銀色のサカナみたいに光っていた。
20081124-meme-1.jpg
私も、あれから25年経ったのでずいぶんと、大人になったから
色あせない言葉と、
どうだかなあと思える言葉も出てきたりして、
でも、ああ、そういうことだったのね、と昔よりは死に近づいてきた感覚で
藤原新也さんの胸のうちに手をあてる。

25年経ったら・・・どうだろう。
たとえ、奇跡のように、まめの本の言葉がひとつも色あせなかったとしても、
確実にまめはいない。

どれだけ、今を見つめられるか。
どれだけ、今のわたしがわたしであり、きょうのまめを愛せるか。
20081124-meem-2.jpg
毎日そんなことを思うようになって
それが生きている、という感覚かもしれないと
思ったりもして、

雨と、まめを、交互にみる。

2008年11月24日 22:14  |  
« 黒門まめ。 | トップページに戻る | さかさま。 »
コメントを投稿


コメント


« 黒門まめ。 | トップページに戻る | さかさま。 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー