「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

ゆうちゃんの誕生日。

今日は、裕二の生まれた日です。
もう、30数年の前のことですが おかあちゃんは鮮明に覚えていますよ。
おじいちゃんやおばあちゃんが、20年前の話 40年もたった話など
昨日のことのように目を輝かせて話す。不思議に思っていましたが
おかちゃんも、何年も前の話をするようになりました。
昨日のことも、どうじゃったかあ なかなか思い出せないことあるのに
何十年たっても懐かしく、 話したくなる出来事 たくさんありますねえ。


今日は、久しぶりに美香が生まれて頃を思い出してみます。
おかあちゃんは、22さい おとうちゃんが25さい。
昭和42年9がつ23日   前日22日の午後から頃 陣痛が始まりましたねえ。
当時は、産婆さん。家庭での分娩でしたね。
おかあちゃんも、おとうちゃんも そうでした。
しかのさんと言う産婆さんにとりあげられました。
23日の昼頃から いよいよです。
おとうちゃんは、外におお釜を据えてお湯わかし役。
おかあちゃんの側には、ミサオおばあちゃんがついていてくれました。
部屋に入らせてもらえないおとうちゃんは、お湯がさめるのを何度も温めなおしてくれたそうです。今なら、立会い分娩とか いいますが・・・・ね。
大きな木のたらいに 湯気いっぱい。
女の子は、気持ちよさそうに湯船につかり 笑っているようでした。
おとうちゃんは、二階の階段を何回も上がったり下りたり 通ったことでしょう。
女の子をみてほっと安心。無事にお湯係り おわり。
ここで ちょっと思い出し 育児日誌を開いてみました。
ノートは、ずいぶん黄ばんでいるけど。。。。
午後2時25分に生まれていますねえ。
しばらく あのころに戻ってしまいましたよ~~~

そろそろ
現実 裕二が生まれます。
あの日も、今日のように日本晴れ のどかなポカポカ日和
昼には、あの日と同じように さんまを焼いて食べました。
三人目を産むおかあちゃんは、しっかり落ち着いていましたよ~~~!

おとうちゃんとおかあちゃんの子供三人が元気で大きくなってくれたことがうれしい。

      2009年11月23日 思うままに     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おかあちゃんからの手紙

2009年11月23日 22:38  |  
« 雨。 | トップページに戻る | このこでよかった。 »
コメントを投稿


コメント


« 雨。 | トップページに戻る | このこでよかった。 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー