「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

しかの先生

しかの先生というのは、
赤ちゃんのわたしをとりあげた、産婆さん。
もちろんもうこの世にはいないけど、
誕生日がくるたびに、母は、しかの先生の話をする。
うちの兄弟は三人とも、この産婆さんにとりあげてもらった。
20100923-bir-2.jpg

今のように立会い分娩というスタイルなどなく、
男の人は部屋にはいることも許されなかったらしく、
父はかまどでお湯を何度も沸かして
産湯の準備をしていたそう。湯沸かし器というのはもうあったらしいけど、
それでも、かまどの火でうぶ湯を沸かした。
20100923-bir-1.jpg


しかの先生が、
生まれたばかりの私を、うぶ湯にいれて、
たまごしゃんぷー、というのをしたそうです。赤ちゃん用のせっけんなのかな。
くるくると泡をつくって、頭やからだをくるくる、
洗ったそうです。
20100923-zen-1.jpg


そんな話を、つい昨日のことのように
きょうも電話口で話す母がいます。

いつもそばにいてくれるすべての友達と家族に、
お誕生日をありがとうございます。

2010年9月24日 00:31  |  
« 愛と、勇気と、友達と。 | トップページに戻る | 東京。 »
コメントを投稿


コメント


« 愛と、勇気と、友達と。 | トップページに戻る | 東京。 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー