「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

ろむ練

20210831r.jpg久しぶりのろむ練。
4ヵ月ぶりぐらいかもしれない。バタバタしてて
出勤日の月曜日でも時間をつくれなかったのだけど
やっと少し落ち着いて、
夕方からろむちゃんがギターをさわりはじめたので
ドラム合流する。なにかの曲をやるというのではなくて
セッションとしてドラムとギターをあわせてゆくタイプなので
できるやつをてきとーに叩いていると
いいかんじのギターメロディをそこにのっけてくれる。
とはいえ、私のネタがあまりにもないので、ときどき
「もっとアップテンポで」「次、シャッフルで」
「止める」をやってみますか? などの課題が出されて
それに永遠に応えていく、を繰りかえす。

「止める」=ブレイクというやつで、
曲にメリハリをつける。はっとなる時間をつくることで
緊張感を出したり、そういう役目のあるのかな。
バスドラとスネアをちょいずらしで鳴らしてからの、ブレイク?
まだ使い方がよくわかってないのですが
先生の課題に、わりと早めにこたえられるようになっているきはする。

4ビートをひたすらやる⇒途中で早くなったり遅くなったりのゆれがある。
歩いて帰ろうのリズムパターン(はねる)をBPM190ぐらいの高速でひたすらやる。
8ビートよりは変化があるのでなんとかできたけど
8ビートを小刻みに叩く技がまだなくてはやいやつはとてもついていけない。

手がつる。お尻の筋肉がいたい。筋肉痛。

2021年8月31日 13:05  |  
« 可愛いねおん | トップページに戻る | 昼寝 »
コメントを投稿


コメント


« 可愛いねおん | トップページに戻る | 昼寝 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー