「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

浜辺のウンチ。

080503-unchi.jpg
まめです。
朝も、夕方も、浜辺を散歩していると、とてもきもちのよい
うんちがでます。波が行ったり来たりするのを、追いかけっこしていたら、
おりょりょ・・・だんだん潮の匂いに触発されてくるのでしょうか、
もよおしてきてしまいまして、きばってしまうわけです。
きばっているうちにも、波がいったりきたりして、うみたてほやほやの
うんちを波がさらっていってくれたりします。
ほおおお。これはおもしろい。うんち、波にころころ。石といっしょにころころ。
ほおおお。これはきもちいい。
こんどは、おしっこもやってみよう。しゃーっとすると、砂のなかに
ずんずんおしっこが埋まっていく。しゃーっ。いつもと違う違う違う。しゃー。
ほおおお。これは極上。インドの人たちは毎朝バケツをもって、ガンジス川の岸辺に
しゃがみこむそうですね。あたしも自然の一部になったような、
哲学でも唱えそうな、そんなきもちになりました。

2008年5月 3日 22:07  |  
« ふるさと。 | トップページに戻る | 砂の女。 »
コメントを投稿


コメント


« ふるさと。 | トップページに戻る | 砂の女。 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー