「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

循環。

20081102-kozu-1.jpg
友人の華道家・片桐氏の個展にいったら、
あらまあなんと。枯葉のプラネタリウムに出逢ってしまいまして。
小さな屋根裏部屋みたいな場所に寝転んで、
手に取れる距離の秋空をながめるような、草むらに寝転んでいるような
そういう空間であって。ごろん、としたら、さわさわ、さくさくと枯葉の感触と音がして、
となりに寝転んだきみえちゃんは、光が降ってくるねといい
わたしは、汚れたきもちがすいあげられていくみたい、といいました。
20081101-kozu-2.jpg
どちらにしても、おおきな循環のなかに組み込んでいただいたような。
私はとてもつかれていたので、
診療台みたいに思えたから、それをそのまま片桐氏につたえて、
それから、ものをつくる人はものをつくる人どうし、強烈な光と影の循環するなかで、
順番順番に本業のことばや花の力をもって、
助け合えてるかんじもいいね、と話した。彼のスライドショーにみた約1年間の軌跡は、
まめとであった日々と重なり、多くのときを共有してきたことを思う。


おっと普通の日記になってしまった。
まめが一心不乱にみつの顔をなめている真夜中にて。

2008年11月 3日 01:30  |  
« ひらがな版「ぼくらはかんたんなことばでできている」 | トップページに戻る | みんなで。 »
コメントを投稿


コメント


« ひらがな版「ぼくらはかんたんなことばでできている」 | トップページに戻る | みんなで。 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー