「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

湊町。

20081106-river-1.jpg
リバーカフェの店長さんが、話してくれました。

このあいだね、うちのパティシエがお店を辞めるお別れ会があったんですけど、
そこで偶然、他のスタッフがその子にまめちゃんの本をプレゼントしてたんですよ。
びっくりして、この子、うちの店によくくる柴犬やで!!!って。ほら、フライヤーもあるって見せたん
ですよ~、って。

そんな話をしてくれて。なんか、いろいろあってそれなりに落ち込んでいたここ数日でしたが、
店長さんの話を聞いて、それから、ああ、まめの本、がんばってくれてるわ、って
おもって。まめの本が私から離れて、自分の足で、いろんな人のところに歩いていって、
街のひとを勇気付けたり、元気づけたりしてるわ、って。やるやん、まめ。って思ってて。
大阪の町で偶然やら必然やらの交差する町のなかで、まめのことを知ってくれている人が確実に増えて
遊びに行ったらこうやって、声をかけてくださる。とてもうれしい。
20081106-river-2.jpg
きょうは朝からがんばって、それでとてもとても疲れてしまったので、
ごはんをつくる気力もなく、リバーかふぇでごはん。まめとみつとかなえと、ワイン。
いまのわたしにはほんとうにちょうどいい気持ちとサイズと心地よさ、
なのです。
20081106-river-3.jpg
特別な日も、そうでない日も、
こうやって。ここにくると、大阪も捨てたもんやないな、って思える。
ときどき都会にしんどくなるけど、ああ、わるないな、明日もやれるかも、って
思える場所なのです。いまのわたしにとって。
20081107-1106-river-4.jpg
まめがくれた、
たくさんの出会い。こればっかりは、読者の方たちにも
わからない私ならではの醍醐味かも。

リバーカフェのみなさん。
冬になったら、キャンプ・カフェやろう。
そうだ、12月17日はまめの誕生日だ・・・

ああ、もうすぐ1歳になる。

2008年11月 6日 23:44  |  
« 眠たい。 | トップページに戻る | ふるさとの本屋。 »
コメントを投稿


コメント


« 眠たい。 | トップページに戻る | ふるさとの本屋。 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー