「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

パパの本

20090502-run-1.jpg
マメラテス 「親愛なるミツトン。きょうはとても驚いた話をしよう。それでなんともいい気分なのだが、
        話をはじめてよいものかどうか、ミツトン、いってくれたまえよ」

ミツトン   「おいおい、なんだね改まって。ぼくたちの仲ではないか。
        みずくさいことをいわずに、いつでも話したまえよ。とりわけこのように、いい天気の日に
        都合の悪いことなどなにもないよ」
20090502-run-2.jpg
マメラテス 「ありがとう。そういってもらえると有難いよ。とりわけ、素晴らしい話なのでね」

ミツトン   「マメラテス、わかった。聞こうではないか。きょうはきみの素晴らしい話をたっぷりと。
        さあ、いつでも話したまえ」
20090502-run-4.jpg
マメラテス 「パパの本がでる」

ミツトン   「・・・なんて?」
20090502-run-3.jpg
マメラテス 「すまない。とりみだしてしまった。いかにも、パパの本がもうじき出版されるということだよ」

ミツトン   「ちょっとまて。それは、まったくもって想像を超えたね。
        パパは、執筆家ではなかろう。どちらかというとママが執筆家だと認識していたのだが、
        違おうか。かさねていえば、パパは寝るのが仕事ではなかったか?」

マメラテス 「違いない。ただ、ものを書くというのは、技術の前に思考というものが必要であろうことは
        ミツトン、きみもわかるであろう。パパは考えることができるひとであるということだよ。
        寝ている間もパパは考えをめぐらしていたということであろう」

ミツトン   「素晴らしい父をもったね、われわれは。また、それは
        われわれが日々、こうして生きる意味を考え、
        鍛錬してきたことと関係あろうか、なかろうか」
20090502-run-5.jpg
マメラテス 「おおいに関係あるね。そして、パパは、ソクラテスに挑んだのだよ

ミツトン   「おいおい、ソクラテスとは本当かね。きみの一番尊敬する哲学者ではないか」

マメラテス 「クリトンという話ももあるそうだ。ソクラテスの親友の名前だね。いかにもわれわれは
        こうやって父から名をあたえられたのであろう」

ミツトン   「なんとも泣かせる話であるね」

2009年5月 3日 02:03  |  
« 金曜日。 | トップページに戻る | ざんげっ!! »
コメントを投稿


コメント


« 金曜日。 | トップページに戻る | ざんげっ!! »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー