「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

看る。

医者ってひとは、
ベルトコンベアー状態で運ばれてくる患者を
どれぐらい看ることができるのだろうか。

町医者のない都会に住んでいる私にとって、
ちょっとした風邪薬や熱さまし、
痛み止めや抗生剤などをちょっともらいたいだけでも、
はじめての専門医を尋ねることになる。
20100804-isha.jpg


ってなことで、近所の病院をさがしまくってたどり着いたのが
島之内にあるH外科。
場所がら、ここに運ばれてくる患者はきっと多種多様の背景を
抱えているだろうから、待合室を見てるだけでも、楽しい。
とはいえどこか懐かしい昭和の病院、という風情が残っており、
院長先生以下、数人の医師と、ベテラン看護師たちが、患者たちと
慣れ親しんだ風な口を利きながら、
診察が行われていく。ちょっぴり「アウェイ」気分だった私も、
先生や看護師さんたちと言葉をかわすうちに、
アウェイ感はふっとんだ。

コンピュータの画面に
患者の症状を打ち込むばかりで、ちっともこちらの顔を看ようとしない
医師が多い中で、

「明日も洗浄だけ、おいでや。午前中やったら、
 僕が看たるさかいに!」

と、送り出してくれる先生がいてくれて
救われた。

2010年8月 4日 15:33  |  
« 絵が届く。 | トップページに戻る | みさ&たかよん。 »
コメントを投稿


コメント


« 絵が届く。 | トップページに戻る | みさ&たかよん。 »
     

月間アーカイブ

最近のエントリー