「まめとみつ」- コピーライター村上美香&「柴犬まめとみつ」のコトバ・グラフティ。

まめとみつ


PROFILE/MIKA MURAKAMI@188《コピーライター》
瀬戸の海を産湯に、波を子守唄に育ち、大阪はミナミの繁華街・坂町に生息する女コピーライター。藤原新也の「人間は犬に喰われるほど自由だ」を敬愛し、「はて。ほんとうに人間は犬に喰われるほど自由か?」と日々思い巡らしながら、2008年2月よりひょんなことから柴犬まめと暮らす。はて。きみにほんとうに伝えたいコトバはなんだろう。そんな、きみとわたしのこれからブログ。

« 2019年1月 | トップページに戻る

2019年2月 アーカイブ

わーかほりっく

ちょっとわーかほりっく
頭がクラッシュしかけているので
おかあちゃんから
「電源切りなさい」

といわれました。

2019年2月18日 23:55   |  コメント ( 0 )

朝のよじ。

よじ、とかに
目が覚めると面白い。
目が明かないうちから、片目のまんま
眼鏡かけて
ぶあついノートをひろげシャーペン。
いま「ち」まできた。
何をしているかというと、
けいようし。「形容 詩」ってのを50音順にやってみようと
おもっていて。あ、から書いている。くだらないこともかいている。
とてもくだらなくてとるにたりなくて
いじわるでだらしなくて、あさはかで、情けなくて、
じめじめとしてしつこくて、無責任で、誰にもみせられずに
よじ。

「ち」からはじまる
形容詩ってなに? 

小ささ。 あ、これにしよう。

小さい。でなく、「小ささ」にしたいのだけど
これだと形容詞ではなく、なんだ? さ、でおわるやつ。

2019年2月18日 00:29   |  コメント ( 0 )

感情を入れない

原稿が真っ赤になってかえってくる。
ぐうううう。
これはまずい。

「私たちは、原稿に個人的な感情を入れないのです。
大好きで、とても大切にしてきた作品です。だからこそ、ていねいに
きちんと事実を伝えることを仕事にしてきました。」

あああああ。そうか。
大好きだからこそ。大好きだからこそ。
まだまだ修行。
時間がかかる。ふつうのふつうに伝わる文章が
かけないよおおお。

2019年2月17日 23:04   |  コメント ( 0 )

東京でやさしくしてもらう

20190218-gift.jpg
東京でこんなにやさしくしてもらったこと
あったっけっておもうぐらい
やさしくしてもらう。
ピンポイントでいく東京は、仕事場にいくことで
精一杯なのだけど珍しく
泊まってギフトショーにいってこよーとおもったこともあって。
そしたら、りゅうちゃんとその友達ののりちゃんが
「え、車だしますよ。ほんまに。
迎えにいきますよ」・・・まじかーーーーーー!!!
ってことで。
「原宿警察の前に12時!!!!」
「東京駅に5時!!!!」ってなドアTOドアで、
ギフトショーを満喫させていただきました。

東京がとつぜん楽しくなる。

もうそっちはいいや、と思っていた場所が
あ、面白いかもいま、と思える。
東京で出会う人で、そういえば、やなひとがあまりいない。
NYにいるみたいな感覚もある。

あんだけ西に向いてる自分がとつぜん東を向いたりして。

もう、どこも関係ない感覚。

2019年2月17日 22:57   |  コメント ( 0 )

ひとを褒める。

20190217-maki.jpg
須川まきこ。
あうたびに、彼女は誉める。
「美香さん、今日のお洋服、ここが可愛いですね。
そのアクセサリーすてきです」
絶対になにか、いいところをみつける。
え、そんなたいしたものを付けてないのに、ってときでも
褒めてくれる。すごいな、って思う。
そうされると、まきにあうのがうれしくなる。
ぎゃくに。こういう人もいる。
あうたびに、
「あれ、ちょっと痩せた? つかれてない?」
という人もいる。痩せても太ってもとくにないので
あー、つかれてみえてるんだないまは、と落ちる。
でもそういうひとはいつもそういう。
だから、逢うのがちょっと嫌になる。
正直な反応だとはおもうけど。
でも、まきちゃんみたいなほうが気持ちいなとおもって。
見習いたいなとおもう。まきはすごい。

2019年2月17日 22:50   |  コメント ( 0 )

犬は白目。

20190217-deco1.jpg
芸能人は歯が命、というCMが
昔ありましたが、
犬の写真は、白目が命。
どうです?上下の写真を比べてみてください。
20190217-deco2.jpg
ね?

2019年2月17日 22:37   |  コメント ( 0 )

ギフトショー

20190217-tateyoko.jpg
東京ビッグサイトで開催されている
ギフトショー。
岐阜からたてかよこちゃんが
一人でがんばってた!!
応援!!!

2019年2月16日 22:23   |  コメント ( 0 )

下北沢

學さんの
らいぶ。

20190216-suzu1.jpg
下北沢にいくのは
いつぶりだろう。
20190216-suzu2.jpg
えまちゃん
まきちゃん
そして、知らない外人。
20190216-suzu3.jpg
あだちさん。
きっちゅさーん。
20190216-suzu4.jpg
ささめさん。
音楽のくんちゃん。

2019年2月15日 23:37   |  コメント ( 0 )

原宿

「美香さんならいいよ」
と。
逢ったこともないのになぜか信頼をいただいて、
「原宿の隠れ家」
を、使わせてくれるすてきすぎる女性がいまして。
たまこさん、っていうの。です。
尾道のひとで。
尾道の駅うえのマンションも持ってらして
さつきさんやたまちゃんが
アートインレジデンス的にお世話になってて。
で、やっとお会いできて。
美しい方で。品があって、目利きで。
でしゃばりすぎず、自由でいさせてくれる雰囲気。
かまわれすぎるのが苦手なわたしには
ほんと「ちょうどいい」てか、素敵すぎるおもてなしを
くださる。パリの佐渡さんとこに一人で
数泊させてもらったときみたいな贅沢さ。
明治神宮。手前は原宿の小学校。生徒が少ない。その向こうに、
渋谷のビル群。こうやって東京で暮らしている人も
いいなあ、悪くないよなあ、って思う。

朝から、ボブマーリー聴きながら、中国茶とチョコレート。

出来る限りきれいにお掃除して。
3月またここに来させてもらおう。

2019年2月15日 23:30   |  コメント ( 0 )

打ち上げます

20190211-uchiage.jpg
2月11日、
アートガッシュ予告展の
長い一日が終わりました。。。
マチオモイとまたひとあじ違う
アートガッシュのメンバーは、
アートを通して遊ぶことが大好きなひとが
多いように思う。

2019年2月15日 22:21   |  コメント ( 0 )

ウイーン

20190215-rapi.jpg
ウィーンいってきまあああす、

ちゅて。

2019年2月15日 21:59   |  コメント ( 0 )

予告展オープン!!

ふう。
ブログ書く元気ない・・・ひとまず・・・
300人以上はきてくれた、と思う。
トークサロンで120名は越えました。

クリエイターさんも
行政のみなさんも熱気と活気あった
大成功だと、おもう・・・

20190211-yokoku.jpg
ねるぅうう

2019年2月12日 01:04   |  コメント ( 0 )

artgushしこみ

朝から仕込み。

イベントにこんなに慣れている
デザイン会社ってそんな多くないとおもうねんな~
みんなたのもしい。
20190215-junbi.jpg

2019年2月12日 01:03   |  コメント ( 0 )

ニクの日。

20190229-niku1.jpg
タカシマヤで
「黒毛和牛の切り落とし」
が680円やって。
お、きょうはこれにしよーと。いぬ用です。
どうです、親バカ具合。
20190209-niku2.jpg
11年前のきょう。
雪の日で。わたしは、黒門市場にいる「柴犬まめちゃん」
に出逢いました。
11年間、ずっと大好きでいさせてくれて
ありがとう。
2月9日、ニクの日。万里子がニューヨークに旅立って、
そして私のところに
犬がやってきた。それぞれのまた違う人生が
スタートした記念日。

2019年2月 9日 23:13   |  コメント ( 0 )

ゆるりんぱ

20190209-asa1.jpg
今年はじめての
日々。
ゆるりんぱ。
これぐらいがささっと
できるといいと
いつもおもう。

2019年2月 9日 23:07   |  コメント ( 0 )

ラプソディ・イン・ブルー

20190208-blue.jpg
あー、これにしようー
と夜にわさわさ。
10年ちょっとぐらいむかしのじぶんのことばと
対峙してみるきんようのよる。
わー、これだれのなにをおもって書いたのかもおぼえてない
のに、なかなかの妄想力だ
ラプソディ。狂詩曲。ここにどんな意味があるのかはようわからんけど
イン・ブルーなかんじをつくってみようーっと。
ブルーはインクのブルー。万年筆の色。
ブルーは海の色、なつかしい色。

2019年2月 9日 10:17   |  コメント ( 0 )

じゅんぺえあに

20190208-kawamura.jpg
て・・・
まだ1回しかあったことないしー。
イラストレーターの
川村淳平にいちゃんがカッコイイ!!(まめ)
20190208-kawamura2.jpg
ART GUSHの原画展、納品です。
知らなかったクリエイターさんと出逢うのは
うれしいね。

2019年2月 9日 10:05   |  コメント ( 0 )

ふつうのふうけい

20190208-hiru.jpg
まめはねー
こういうひとなんです。

ほぼ美香。

2019年2月 9日 10:01   |  コメント ( 0 )

詩をつける

因島観光協会のCさんから
連絡をもらって
島の写真になにか言葉をつけてくれないかと・・・
まあうれしい。
さてどうしよ。
これまでのことばをリメイクすべくさぐっていたのだけど
なんだかつまらんなと思ってきて、
ふと降りてきたイメージ。
が、
とてもよかった。
自分らしくて、気取ってなくて
誰にでもわかりやすくて
ふふって愛しくなって、
すっごくなくて、でもなんか、心にひっかかって。
かろやかな。

あー、いまこんなかんじーという
イメージが
久しぶりにかけた朝。ちょっといいなと思った。

フェイスブックをひらくと
ヤバ兄の誕生日だよーって出てきて、
おめでとーとおくる。
ミカねー、いつもありがとーと戻ってくる。

遠くにいるやさしい友だちに
やっぱり心がゆるん、
となる。

2019年2月 8日 01:03   |  コメント ( 0 )

vincent-pen

このところ立て続けに
「そういえば、vincet-mikaって、どういう意味ですか」
と聞かれて。あー、それね。昔ね・・・と
説明した。

ビンセント。ペン。
便箋とペン。

昔、ナロさんと二人展をしたときにつけたタイトルで
私がvincet-mika
ナロさんがvincet-naro

なんだっけな・・・なんとかと
出さぬ手紙をかくおんな。サブタイトル。
おとなの交換日記のような展覧会。

「手紙」をテーマにしたいなあと
ぼんやり。

「手紙を読む美人」。

筆から、ペンに持ち替えて綴る言葉は
より生っぽくて、自分に向ける矢のような側面がある。
筆はもっとやわらかでおおらかで
誰かを包み込むような強さと優しさがある。
辛気臭い、青い、ペンがいまはいい。

浸み込んで失敗して、浸みだらけになった青いインクと
海の青と

そこに手紙を綴る。

自分の声をていねいに救いだしてやる。

内側の内側にある自分が
いちばん遠い。

2019年2月 8日 00:52   |  コメント ( 0 )

ハイテンション

20190207-fuku.jpg
ハイテンションボーイ。
ふくは、くる!

2019年2月 7日 23:29   |  コメント ( 0 )

でこぽん

でこぽんが届いたよーと
いろんなひとが写真を送ってきてくれる。
20190207-maeda.jpg
かわいい子どもたち、
届いたばかりの箱と新聞
「うれしー」っていう声を中継して
おかあちゃんやひろかねーちゃんに届ける。
20190207-decochan.jpg
大切な役割だとおもう。

2019年2月 7日 23:12   |  コメント ( 0 )

11年間ずっと

20190205-two.jpg
もうすぐ2・9の日やなあと思って。
朝から、まめをぎゅっとして
ずっと好きを伝える。

「ミカチャン、どうせあきるやろー」

と、はじめのころ同僚にいわれたけど。
ずっとあきない。

夢中になっても、そこまで長続きしないわたしが
10年以上ずっと好きなのは、
まめちゃんとみつちゃんとかなえちゃん。ふふ。

2019年2月 6日 00:15   |  コメント ( 0 )

内祝

20190205-toku1.jpg
仕事仲間のなかでも
とりわけ
礼儀正しいというか、義理堅いというか
とてもきちんと人との距離を大事にする
500gトクハル。
20190205-toku2.jpg  
お子さんのたんじょうに際して
内祝いをもってきてくださいました~。

2019年2月 6日 00:10   |  コメント ( 0 )

節分アフター

20190204-sushi1.jpg
いつも黙って食べなきゃいかんので
今日はもう節分アフターなのでね
おしゃべりしながら喰らう。
やっぱうまいわ!!
20190204-sushi2.jpg
東北東、

あ、鬼はそと~やるのわすれた。

2019年2月 4日 22:23   |  コメント ( 0 )

手。

20190203-mitu1.jpg
午前中、
ずっと詩集を読んでいて、
片手でみつを撫でる。
ふと、
みた自分の手がめちゃめちゃ
しわしわでいけてなくて
20190203-mitu2.jpg
これじゃいかん、
しゃんとせな、と
おもって、クリームを塗る。
手にうるおいをたっぷりあたえてやる。
頭脳にも栄養をあたえてやりながら
手にも唇にも髪にも栄養をあたえてあげよう。

自分と対峙するのは
案外難しい。

すぐに外に刺激を求めてしまうのだけど
じっと心の声をきく訓練。

「あなたは天と仕事をするのではなかったか?」

2019年2月 4日 00:03   |  コメント ( 0 )

まめぇ~~~ふうう~♪

と、歌いながら帰ってきたことは
言うまでもない。
さあ、あなたならここに
どんなメロディを当てますか?

かなえどんや
まりどんがみろみろというので、
やっといってきました。
日曜日のレイトショー
ボヘミアン・ラプソディ もちろんIMAXの
最高の映像空間です。
これはやっぱIMAXでしょう。
「低音すげーーーーー」
と、よくわからないまま
「うんうん」とうなずいてしまう。
後ろから再度からズギューーーーンってバンドの音が
鳴り響いてステージに立った気分になる。
2時間たっぷり、
音の中にいる気持ちよさ。

いま、なんでこの映画がこんなにも人の心をつかんでいるのか・・・

なんてことをみんないうけどそれはたしかに不思議な気がするけど
能書きよりも
身体が音楽とその男のストーリーと
ひとつになる気持ちよさ。

江戸堀のAZの時代。
中島みゆきと交互にきいていたなあ。
バーイシコっていいながら自転車のってたなあ。

まめぇ~~~~
ふううう~~~といいながら
帰ってくると
尻尾がMAX!!!


2019年2月 3日 23:22   |  コメント ( 0 )

うまくとれてないけど

20190203-setubun.jpg
188で一番大切なイベントの
「節分」なのに
今日は日曜日。しょうがないので、
きょうは家族節分です。いやーーーーーうまい。
つるとんたん。
最高です。

2019年2月 3日 23:20   |  コメント ( 0 )

夜明けはいつも。

20190203-suga.jpg
まりどんに誘われて
ある写真家さんの展覧会とオープニングトーク。
詩人の菅啓次郎せんせという方を
私は存じ上げなかったのですが、
「ろうそくの炎がささやく言葉」という
詩集を買わせていただく。
3.11のあとに「詩人ができること」として
ことばによる心の救済をしようと
30人の詩人たちが葉をよせて編んだもの。
ろうそくの炎のなかで朗読ができるようにと
書かれたものらしい。
サインをもらうついでに、
「なんかコトバをください」といってみた。
少し間をおいて、わかりました、うーん、なにしようかなといって
書いてくださったのが、

「夜明けはいつも夜明け」

ふふふ。と笑いながら。なんとなく、ふっと

出てきたであろうこのコトバを
ありがたくちょうだいする。

なんじゃそれ、とおもってみたけりゃそうでいいし、
深いとおもえば、ふかい。
その読み方はあなたのこころがきめるもの。

夜明けのこない夜はない・・・このよくある二重否定よりも
ずっといいんではないか?

夜明けはいつも
夜明け。

ことばをだれかに届ける役割をもって
生きてきた人から
また小さなバトンをいただく。

2019年2月 3日 23:05   |  コメント ( 0 )

こうちゃんから。

20190203-deco1.jpg
弟のこうじ一家が
今週末はデコポンの最後の仕上げと
仕分け作業に帰ってくれました。
一段落したからか、
父の笑顔がいいです。とても。
孫のゆりは
「おじいちゃん」に特別のちからを
くれるのですね。
20190203-deco2.jpg
こうやって。
わたしが大阪にいても、
誰かがその役割をかわりばんこに担ってくれる。
それですこし肩の力を抜いて、
ゆりはゆりの
ゆみこはゆみこの
こうじはこうじの
福造屋をまもる。

2019年2月 3日 22:59   |  コメント ( 0 )

ひまりとすみれ

IMG_3433.jpg20190202-himari.jpg
半年ぶりぐらいに
ひまりちゃんが駆け寄ってきた。久しぶりヤン~。
妹のすみれちゃんは犬がちょっと苦手。
「こわいー」
ゆうてるまにみつとなかよくなって
まめもさわれるようになって
「いぬ すきー」にかわる。
1時間半ぐらいたっぷり、このこらに犬をとられてしまうのが
面白い。ひきずりまわされるのは大人たちだが
この都会女子たちはなんともかわいい。
ひまりは4人兄弟のうえから2番目。妹だし、おねーちゃんだし、
ものすごしっかりしている。

「もうすぐ5時半やで」
「あと17分ある」

ぴぴぴぴ

「帰らな」
「帰らな」
「そこまでいっしょにいこかー」
「どこなん」
「日本橋」
「まあまあ、とおいなあ」
「明日もくるん」
「わからん」
「じゃあね」
「じゃあね」

2019年2月 2日 23:48   |  コメント ( 0 )

土曜日の午後

20190202-groove1.jpg
つくづく
ワーカーホリックだなあ、と思う。
そんなに寝坊できなくて
10時にはダイニングでコーヒー飲みながら
体調を整える。
ミラーリングでスピーカーにつないで
大音量で朝からアスワド。
本調子でないときはいつも、SMILEやら、
Best of my loveですこしずつテンションをあげる。
そのうち仕事仲間から
次の作戦に関するジャストアイデアなどが送られてきて
あーせやなあありやなあ、いいながら
だんだん頭が仕事モードになっていく。
土曜日やんー、って。関係ない人には関係ない。
20190202-groove2.jpg
で、2時半ぐらいからやっと
散歩&ランチ。
きょうは泡はやめといた。

2019年2月 2日 23:38   |  コメント ( 0 )

本調子ではない3

20190201-mame.jpg
夕方ちょっと寒気がしてきて
うーん、まだ本調子ではない。
でも「美香さん、美術館からでんわですよ~~~」
といわれて事務所に戻る。
7時からはトークショーの打ち合わせ。
あっちゃんに「ちょっとしんどいかもー」というと
「やっとくで」と有難い返事。
でもまあ。でもまあ。
結局かなえどんも巻き込んで10時半まで
あれこれ、あれこれ。

2019年2月 2日 00:02   |  コメント ( 0 )

トーク打ち合わせ

20190201-ag1.jpg
美術ライターの小吹さんと
アートガッシュ、
予告展トークの打ちあわせ。
20190201-ag2.jpg
どぞどぞ。
りょろしゅうがっしゅ。

2019年2月 1日 23:55   |  コメント ( 0 )

弁当あるど

20190201-bento1.jpg
「弁当あるど」
「汁は?」
「ない」
「ほな、汁もってくる」
20190201-bento2.jpg
ってことで。
今日もしあわせ。可愛い女子にやさしくされている
ランチタイム2日目。
あ、3日前はわたしがカレーつくったんや。
トライアングルランチで
ぐるぐる。
できることをできるときに
できるだけ。

2019年2月 1日 23:48   |  コメント ( 0 )

納品

20190130-naro.jpg
なろさんが
原画を納品してくださいました。
やっぱ生はいいなあ。
そして、なろさんはあらためて、
いい年の取り方をされている
かわいい方です。

2019年2月 1日 23:39   |  コメント ( 0 )

かるぼなーらんち

20190130-kar1.jpg
このところ
可愛い女子にやさしくしてもらう日々が
続いております。うれしい。
20190130-kar3.jpg
このあいだの
誕生日のお礼にと、まりどんがやってきて
お昼にカルボナーランチ。
やすこも、駆けつけてくれた。
20190130-kar2.jpg
なにをしゃべるわけでもないのだが。
いいじかんだ。

2019年2月 1日 23:34   |  コメント ( 0 )
« 2019年1月 | トップページに戻る
     

月間アーカイブ

最近のエントリー